一六縁日でお馴染みの一六地蔵尊こと伊勢佐木町7丁目にある子育地蔵尊のご案内です。色々御利益もあるそうですので、伊勢佐木町にご来街のおりには、是非お立ち寄りください。

子育地蔵尊菩薩

 富山県出身の僧、奥田真眠師が明治37年この地に、横浜善光寺別院を創建し、その後10年程して境内にその功徳をもって子宝が授かり丈夫にすくすくと育つようにと、現世利益の守仏として、お地蔵様を安置した事に始まります。
 ところが大正12年9月の関東大震災と昭和20年5月横浜大空襲の災害を我々市民と共に受難致しました。その後、震災・戦災の供養もこめて、霊験あらたかと信仰されきました。
 縁日が1と6のつく日に行われるところから、「一・六地蔵」と横浜市民に親しまれています。
 お地蔵様のお姿は左手にえい児を抱き、右手に錫杖を持たれての座像であります。

子育安産 家内安全

交通安全 商売繁昌

 子育地蔵尊行事表

1月1・2・3日 初詣  安産子育法要
2月      節分  豆まき   
4月8日     花祭り 甘茶サービス
5月〜9月   縁日  毎月1と6のつく日
7月16日     お盆     お盆供養
11月15日  七・五・三 厄除供養
12月上旬     餅搗  供養餅搗大会